老化を防ぐ

日々の活動で体が疲れていると感じる、老化が進んでいるなどの症状を感じるなら活性酸素に原因があるかもしれません。活性酸素は最近よく耳にするようになった単語の一つです。効果として、体内に侵入いしてきたウイルスなどを退治してくれます。退治したウイルスを白血球を通じて外に出すことで殺菌や消毒といった効果が得られます。メリットだけでなくデメリットもあり、取りすぎてしまうと不飽和脂肪酸は活性酸素が結びついて酸化してしまいます。細胞の酸化は老化につながるので活性酸素を摂り過ぎないようにすることも大事になります。摂り過ぎないといっても、体に取り込まれた酸素の2%程は体内で生成されます。なので、体で生成された分以外を外から吸収しないようにすることが必要です。紫外線やタバコからも発生するので気をつけましょう。

活性酸素を取り過ぎた時に起こりうる現象として、肝臓の機能の低下があります。肝臓は他の部位に較べて活性酸素が発生しやすい場所となているので肝機能が低下しやすく、疲れややる気につながります。シミやそばかすにも影響を与えます。紫外線からでも発生する活性酸素は、メラニン色素を分泌するのでシミやそばかすが発生する確立が増えるのです。血管とも密接な関係で、血管のつまりを促す恐れがあります。悪玉コレステロールと活性酸素が結びつくことで酸化するので体に悪い物質ができてしまい血管に悪影響を与えます。除去する方法があります。活性酸素除去酵素と呼ばれる成分達は、活性酸素の働きを阻害する力があります。しかし、この成分の分泌は20代がピークとされており、年を重ねるごとにどんどん弱くなります。そのため、別の成分で補給する必要が出てきます。ビタミンCやE、ポリフェノールなどには活性酸素を除去する効果があるので積極的に摂取した方がいい成分です。活性酸素はある程度は良いですが取り過ぎは悪影響になるので、除去する成分を摂取して適度になるように保ちましょう。